火災保険

その名称から、いかにも「火災のときしか申請できない」というイメージを持ってしまいがちな火災保険。
実は、火災でなくとも、風害、雪害などの「自然災害で破損した建物」の場合、ご加入中の火災保険が適用される場合があるのです。

台風や大雪が原因で破損してしまった雨樋は、正しい保険申請を行うことによって、最大で実負担0円で修理することも可能です。

加入したままになっている火災保険、これを機会に、一度お手元の書類を確認してみてはいかがでしょうか。加入されている保険によっては対応できないケースもありますが、その判断も含めてプロに一度、保険証券や約款を見ていただくことをお薦めします。

火災・落雷・爆発

「住まいの保険」の基本となる補償です。
火災や落雷、ガス漏れなどによる爆発などにより損害が生じた場合に保険金が支払われます。
また、これらの災害の後片付け清掃、搬出など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」も補填されます。
意外なところでは、近年はゲリラ豪雨なども
あり、落雷が頻繁に発生していますが、雷によって壊れてしまった電化製品(テレビやパソコンなど)も補償されます。

風・ひょう・雪災

近年は大型の台風や暴風が頻繁に発生しおり、瓦やコロニアル材が浮いたり飛んだりしています。
さらに、飛んだ屋根材がガレージを破壊したり他人の家屋に被害を及ぼすケースも決して珍しくありません。
また、普段は雪がめったに降らない地方にも、何十年ぶりのドカ雪やひょうなどが降っています。
このような多種にわたる自然災害が原因で損害が生じた場合に保険金が支払われます。

水災・水漏れ

台風や暴風雨などが原因で起こった洪水や高潮、土砂崩れにより建物が床上浸水となった損害に対して保険金が支払われます。
また、これからの片付け清掃など、後片付けにかかる「残存物取片付け費用」なども含まれます。
屋内では、給排水設備の故障で床が水浸しになったり、マンションでは上階の住人が水漏れを起こし、天井・壁が濡れるなどの事故も補填されます。

グラフを見てお分かりの通り、火事による火災保険の利用は以外にも少なく、全体の6割が風災や水災、雪災によるものです。
「この破損は自然に劣化したものなのでは?」というケースでもかなりの確率で補償が適用されていますし、「この程度の被害なら保険金を申請するだけ無駄だろう」と諦めていたようなケースでも保険金が支払われる場合もあります。

自動車保険と違い、火災保険の場合は保険を使っても保険料が上がることはありませんし、しかも被災するたびに何度でも申請が可能です。
ですから、少しの被害でも気づいた時に調査、申請がお得です。

最近、リフォーム詐欺業者が大挙して保険金詐欺に進出しているそうです。
その手口は、経年劣化による損耗を「直近の台風のせいにしましょう」と持ちかけ、保険会社に
虚偽の報告をして保険金を騙し取ります。
その場合、お施主様も詐欺の共犯となり、発覚すれば告発されてしまうということが起きてしまうのです。

そのような代行業者は、安く修理を行えば行うほど利益が増やせるため、最低限の工事しか下請けに施工をさせません。
さらに言えば、保険申請の時には隅々まで完璧で高額な見積もり書を作成しますが、実際の施工依頼は適当だったり、その場しのぎで済ませてしまうということです。
本当に行うべき施工を行っていないため、いい修理、いい工事などできません。

ですから、そのような代行業者に頼むよりも、有資格者に診断してご依頼いただく方が確実です。

上記のものを準備した後にリフォーム会社に依頼しなければいけません。
申請の手続きは複雑で面倒なため、広く活用されていないのが現状です。

お問い合わせはこちら 076-221-4369