四日市の屋根リフォームなら屋根のヤマサンにお任せください

山三瓦工業 天保年間創業の瓦の老舗 受付時間 定休日 土曜 日曜 祝日
トップページ コーキング 朝日町  朝日町 コーキング お問い合わせ

  • HOME
  • はじめにお読みください

はじめにお読みください

はじめまして、こんにちは。
屋根のヤマサン、代表の服部竜大です。

屋根のヤマサンこと山三瓦工業は、天保年間の創業から170年以上にわたりここ地元四日市市の皆様にご支持いただき、地域密着スタイルを貫く老舗の屋根・瓦の専門店で、私で八代目になります。

天保年間とは、火事から家を守るべく、不燃材である 「瓦」が庶民に普及した時代です。

どこを掘っても原料となる岩が採掘でき、丘陵地の山林に恵まれて燃料に事欠かないこの地域は、農業よりも製瓦業に向いており、製瓦業が最も盛んだった大正から昭和初期にかけては瓦屋が8軒もあり、毎日どこかで焼かれる瓦窯の黒い煙がムラの空を覆っていたほどでした。

最盛期には、この地域の民家や寺院は、そのほとんどが山之一色地区の瓦で、山之一色地区の職人たちによって屋根が葺かれていました

この地域の瓦屋は、地元に暮らす人々に寄り添って商売を続けてきたのです。

山三瓦工業は、私の祖父の代まで製瓦業を営んでおり、数ある瓦屋の中でも一番最後まで製瓦業を続けた瓦屋で、地元の瓦文化を後世へ伝えるために現在でも瓦窯が残してあります。

小学生の頃は製瓦業の手伝いで家紋などを作り、中学生になり体力がつくと親と一緒に建築現場へ出かけ瓦を運びました。
高校生になる頃には本格的な工事業もするようになり、アルバイトとして屋根の上を走り回っていました。

家業を継ぐこともぼんやりとは考えていましたが、大学で機械工学を学びその後愛知県の企業に就職しました。入社後判明したのですが、その会社は最新型の瓦製造機械のメーカーでした。縁とは不思議なモノです。
瓦製造機械の組立、メンテナンス、設計・研究開発などの業務をこなし、3年間勤務した後将来を考えて家業を継ぐことを決意いたしました。

家業を継ぐことを決意してからは、ひたすらに職人技術の向上に没頭しました。

現場経験が一番の学びですが、現場から帰ってきた後も社屋の資材置き場で技術の習得に励みました。

その甲斐あって、技能競技会も兼ねる「かわらぶき技能士二級」の資格試験では、「三重県知事賞」を受賞しました。

その後も勉強を怠らず、「かわらぶき技能士一級」「瓦屋根工事技士」の資格を取得。
そして瓦工事の最上級資格である「瓦屋根診断技士」の資格を取得しました。

屋根のヤマサンでは「瓦屋根診断技士」であり、屋根瓦を製造から現場までの全てを知り尽くした屋根博士・服部が、皆様の屋根を診断いたします。

かわらぶき技能士(一級・二級)と、瓦屋根工事技士の両資格の所有者が、受けることのできる資格です。

この資格の所有者は瓦屋根工事をつかさどる者として一番取得する際に難易度が高いため、最も信用のできる技士とされています。

この業界には現実問題、ヤブ医者ならぬ、なんちゃって診断士がたくさんいます。
なんちゃって診断士とは、実在もしない資格を名乗って営業や施工を行なう業者の方のことです。
その人がまず、単なる営業かそれとも知識の造詣があるかどうかは大事です。その目安になるのは信頼できる資格です。

屋根であれば「瓦屋根診断士」これが最上級の資格の一つです。
屋根のヤマサンは、その最上級の資格である「瓦屋根診断士」による無料屋根診断を行なっています。家の中でも一番、風雨にさらされる屋根。定期的に屋根を診断、メンテナンスすれば、何か問題があっても、簡単な補修で済みます。

背景
ボタン
背景
ボタン

現象にはかならず理由があるように、雨漏りにも必ず原因があります
雨が降ってる屋根に登り、屋根の上を水がどう伝うのか動画をとって検証を行うこともあります。
雨が降るのは自然なこと。人間の造る建造物は地球の営みにとって雨水の流れを妨げる異物でしかないのです。天から屋根に降り注ぐ水をいかに滞りなく大地に導くかを考えます。

お客様には、診断中に撮影した写真や動画などをお見せしながら、専門用語をわかりやすい身近な話しに例えるなど、納得いただけるよう最善の工夫をこころがけています。

実際にお客様からも、「普段見れない屋根の写真が、iPadで大きく見れてよく分かった」など、ありがとうの声をいただいています。

屋根のヤマサンでは、自らも看板を掲げるプロの職人が専属職人として施工に携わります。

全員が「かわらぶき技能士二級」以上の資格を取得した屋根瓦のプロ。
自ら看板を背負って立つ職人たちですから、自分の仕事に対して責任感と誇り、そして本物の技術を持って施工にあたってくれます。

自社の職人ですと、下請けを仲介しない分コストをかけずに施工できるメリットがありますが、良い意味でも悪い意味でも「慣れ」も生じてしまうものです。専属職人の場合はそうした甘えや妥協はありません

屋根のヤマサンでは、高度な専門技術を持ったプロ職人が施工します。
しかも、ただ施工するのではありません。全日本瓦工事業連盟が提唱する「ガイドライン工法」に徹底的に則った施工をするので、より安心・安全なリフォームをお約束できるのです。

屋根のヤマサンでは、全日本瓦工事業連盟が推奨する、科学的な実験データに基づいた「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に準拠した工法(通称:ガイドライン工法)を採用しています。

従来の経験や勘だけに頼るやり方から、風速何メートルまで飛ばない、震度いくつの地震まで耐える…と言える工法です。
「ガイドライン工法」のメリットは、従来の施工法に比べて耐震性・耐風性が飛躍的にアップしたことです。 今回の耐震実験では、阪神・淡路大震災や発生が危惧される東海大地震クラスの揺れにも耐えることが証明されました。

進化した高品質な瓦と、実証された施工方法。
そしてその工法を実現する円熟した技能を持つ職人が揃って安心・快適な瓦屋根ができあがります。

「巨大地震に耐えられる」というように「性能」を明確に謳う「ガイドライン工法」には、科学的実験による実証が欠かせません。

地震大国・日本には欠かせない耐震工法の開発に向けて、多くの実験・研究を繰り返し、確立されたこの工法は、結果的に施工基準も、従来の何倍も厳しい内容になっています。

一般の木造建築の場合、地震時にもっとも揺れの影響を受けやすいのが屋根の一番上の棟部分

こうした部分ごとの耐震実験や実物大の家屋による振動実験の結果を受けて、 巨大地震の揺れにも対応できる工法を追求しています。

瓦屋根の強風対策で最も大切なのは、風が過ぎるときに生じる「瓦を巻き上げる力(内圧)」です。
平成12年に建設省(当時)が全国の自治体ごとに定めた「基準風速」に従って、内圧と風が瓦屋根の表面に当たって生ずる外圧を緻密に計算して定められた工法なので、大型台風下でも安全です。

万一、メーカーや施工者のミスによって欠陥が見つかった場合、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、保証されます(10年間)

守るべき伝統は守りながらも、最新の科学を取り入れ、
屋根職人として力を磨き、進化してきました。
ひとえに、地元の皆様の屋根を守りたい。その一心です。

瓦は、お互いがかみ合ってできています。
お互い様なのは、人間も瓦も同じ。一枚も同じものはないのです。

瓦の隅から隅まで知り尽くした、屋根博士の私だからこそできる工事があります。
屋根のことでお困りでしたら、どうぞ屋根のヤマサンまで、ご連絡ください。


はじめに 事例 声

四日市市の屋根の困ったを私が解決します

屋根瓦の無料診断はこちらから

博士の診断 ヤマサンは、資格を持ったプロがお伺いします お申し込みはこちら

雨漏り 原因を明確にさせて!早期解決! 地元であれば緊急出勤いたします 無料

屋根のヤマサンへのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせは24時間受け付けております
無料見積もり 大体どれくらい費用がかかるのかを知りたい方はこちらからご希望の内容を教えて下さい
コーキング 朝日町